私たちは、北海道のコンクリート圧送工事事業者で組織する建設専門工事業者です
Get Adobe Flash player
ba_roudousaigai
ba_line
北圧協は建設業から労働災害をなくすために自主的な活動を展開しています。
◆会員の皆様へのサービス
  1. 各種講習会の開催をその都度お知らせいたします。roudousaigai140x211
  2. 広報誌「圧送の安全」を作成し、安全衛生や法令通達・事故例等を配布いたします。
  3. 安全衛生委員会や安全指導者などによる安全パトロールを行い、現場の安全、労働衛生についてご指導いたします。
  4. 安全、労働衛生に関する、必要な資料等を提供いたします。

 

 

 

 

 

Ⅰ. 教育活動
当北圧協では、建設業における労働災害防止活動の一環として、p11労働安全衛生法関係法令で定められた圧送に関する各種の講習を

行って有資格者の養成を行っています。

  • 各種講習会の開催
  • 安衛法に基づく特別講習(3年ごとに再教育)
  • 全圧連統一安全・技術講習
  • その他の教育
    職長・安全衛生責任者・安全衛生推進者・能力開発推進者

Ⅱ. 広報活動
業界のニーズにあった情報・各種安全衛生教育テキスト等による、安全衛生の向上を図る。

 ■朝礼にはじまる安全施工サイクルを
 anzensekou500x547
 ◆事故があれば皆痛い
事故を起こせば、被災者は勿論のこと、被災者の家族やその周囲の者までが、大きな損害を受けます。また、企業にとっても人的、物的、金銭的、時間的等様々な損害に加え、日頃の経営努力により積み重ねた成果の喪失、信用面での悪影響等有形無形を問わず膨大な損害を被ることになります。涙なんか見たくない(被災者及びその家族への影響)2.事故を起こせば水の泡p19p17
1)有能な人材を失い、労働者の士気の低下を招く。
2)企業イメージの低下を招く。
 3)企業活動に大きな影響を与える。
4)時間的、経済的ロスが増加する。
5)民事賠償金は高額の傾向にあります。3.万が一の場合
労働災害発生時の対応労働災害が万が一発生した場合、企業は労働基準監督署への報告や監督官庁による処分などに目を向けがちですが、労働者の生命、身体の保護と再発防止対策の実施を最優先させなければなりません。
災害の種類や規模等によって多少は異なるものの、まず被災者の救助を行うとともに、二次災害の防止措置や関係先への連絡、現場保存の措置等を適切に処理する必要があります。
また、速やかに災害状況の把握や原因分析を行い、同種災害や類似災害の再発防止を決定しなければなりません。 p21_2 p21_1 

 

 

 

 

 

 

4.安全は社長の仕事

企業も社会を構成する一員として、「企業の安全」で社会的責任が問われる時代です。p22
一方、経営環境が厳しく、コスト削減などが進められる中で、安全管理部門の縮小など企業の安全に対する意識の低下が懸念されております。
労働災害の発生では、様々な企業責任が問われます。経営トップは、両罰規定によって、現場担当者の行為について処罰されることもあります。
労働災害防止への積極的な取組に、トップの明確なリーダーシップが求められています。